ユーミンブランドの確立・・・あの日にかえりたい

1975年10月 ユーミンの代表曲となるシングルがリリースされました。
ドラマの主題歌になったこともあり、大ヒットしました。
ユーミンにとっては、初めての1位です。
「あの日にかえりたい」
名曲中の名曲です。


泣きながらちぎった写真を、
なぜ、もう一度手のひらにつなげてみるのか?
悩みなき昨日の微笑みが、憎らしいのに。
その答えが、あの日に帰りたいからです。
愛を捨ててしまえば傷つける人もないのに
それでも、帰りたいのが「あの日」なのです。

同じ年の8月に発売されたユーミン作、
バンバンが歌う「いちご白書をもう一度」
大ヒットしていました。
ハイファイセットのヒットも合わせて、
1975年は完全に、ユーミンブームでした。

※以下のアルバムジャケットは楽天のページにリンクしています。



これらの大ヒット曲によって、ユーミンという愛称が世間に広がりました。
まさにユーミンブランドの確立です。


そのせいもあって、6月にリリースされていたコバルトアワーもかなり売れています。
コバルトアワーには「ルージュの伝言」や「卒業写真」「チャイニーズスープ」など
名曲がたくさん入っているのですが、
残念ながらお目当ての「あの日にかえりたい」は入っていませんでした。


この頃の荒井由実の作品を時系列で記載すると

1975年2月  ルージュの伝言   (シングル)
1975年6月  コバルトアワー   (アルバム)
1975年10月 あの日にかえりたい (シングル)
1976年3月  翳りゆく部屋    (シングル)
1976年6月  ユーミンブランド  (ベストアルバム)
1976年11月 14番目の月    (アルバム)

全部ヒットしています。

そして、荒井由実の終焉

【ショートコラム】